Twitterウィジェット利用方法 2018年3月版 (ログイン不要)


Notice: Undefined index: plus_sharedcount_enabled in /usr/home/aa106acgzb/html/notebook/wp-content/plugins/simple-share-buttons-adder/php/class-buttons.php on line 670

Notice: Undefined index: bar_sharedcount_enabled in /usr/home/aa106acgzb/html/notebook/wp-content/plugins/simple-share-buttons-adder/php/class-buttons.php on line 672

ウェブサイト内にツイッターの書き込みを載せたい!という事で、Twitter公式ウィジェットを利用してみます。
まずは公式ページに移動します。
https://publish.twitter.com/

入力欄があるので、ここに @アカウント名を入力します。
例)@jewlliard
入力後enterキーもしくは右矢印をクリックすると、ページが自動でスクロールし、以下のような画面になります。

左側の「Embedded Timeline」をクリックするとページに埋め込む用のhtmlコードと表示サンプルが表示されます。
後はhtmlコードを自分のウェブページ内にコピペすればいいのですが、そのまますると縦に長ーいtwitterが表示されてしまうので、画面右上に青色で書かれてある「set customization options.」をクリックし、Height(px)に任意の値を入力して右下の「update」をクリックしてできたhtmlコードを利用してください。

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

投稿者: おーあえ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です